スーパー秋葉原

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://akihabara.areablog.jp/himiko

打上失敗



2018年10月11日、米国人のニック・ヘイグ宇宙飛行士とロシア人のアレクセイ・オフチニン宇宙飛行士が乗る宇宙船ソユーズMS-10が、カザフスタンのバイコヌール宇宙基地から国際宇宙ステーションに向けて打ち上げられた。


ソユーズ打ち上げ失敗でISS滞在の飛行士どうなる?

現時点でISSに飛行士を届けられる宇宙船はソユーズだけ


10月11日、ソユーズMS-10の打ち上げ前に歩くオフチニン飛行士(左)とヘイグ飛行士(右)。打ち上げに成功していたら、国際宇宙ステーションで半年間の任務に就く予定だった。


10月11日、国際宇宙ステーション(ISS)へ向かおうとした二人の宇宙飛行士が、旅を早々に切り上げて地上に戻ってきた。彼らが乗ったソユーズロケットのブースターに不具合が生じ、ミッションの中止を余儀なくされたからだ。今回の事故により、現在ISSに滞在中の宇宙飛行士に大きな負担がかかるだけでなく、2000年11月2日から継続的に使用されてきたISSの利用が途切れる可能性もある。

今回のソユーズ打ち上げの目的は、米国人のニック・ヘイグ宇宙飛行士とロシア人アレクセイ・オフチニン宇宙飛行士をISSに送り届けることだった。2人は半年間の任務に就く予定だったが、打ち上げから約2分後、無重力状態を感じたと報告した。ロケットが落下しはじめたということだ。

ロケットの緊急脱出システムが作動し、乗組員はカプセルでロケットから離脱した。英国BBC放送によると、カプセルはロケットが打ち上げられたカザフスタンのバイコヌール宇宙基地から北東約500kmの場所に落下した。

ロケットから急角度で射出された2人の宇宙飛行士には地球の重力の7倍近い力がかかった。幸い、NASAとロシアの宇宙開発機関ロスコスモスの関係者によると、2人の乗組員は生きていて、体調は良好であることが確認されたという。

しかし、今回の事故は宇宙飛行の難しさを改めて浮き彫りにした。ロスコスモスとロシアの宇宙産業全般への監視が強まる可能性が高い。米惑星協会によると、ロシアでは近年、打ち上げの失敗が相次いでおり、2011年から2016年の間に、衛星打ち上げロケットの爆発から衛星の軌道投入のミスまで、15件の失敗が発生している。

ただ、近年の打ち上げの失敗で乗組員が死亡したことはない。ロシアの宇宙プログラムでは1971年以来乗組員の死亡はなく、1983年にソユーズロケットが打ち上げ直前に火災を起こして以降、有人宇宙船の打ち上げ失敗も起きていなかった。なお、この火災でも宇宙飛行士は無事に脱出できた。

人命が失われなかったとしても、ロスコスモスはソユーズ打ち上げ失敗の原因を調査する必要がある。今後、数週間から数カ月間は打ち上げはできなくなるだろう。人間を軌道上に送り届けられる宇宙船は現時点ではソユーズだけなので、ソユーズなしでは宇宙飛行士は地上から離れることができない。


ISS滞在中の飛行士はどうなる?

現在ISSには、米国人のセリーナ・アウニョン=チャンセラー飛行士、ロシア人セルゲイ・プロコフィエフ飛行士、司令官であるドイツ人のアレキサンダー・ガースト飛行士が6月から滞在している。米スペースニュースの報道によると、ISSには前回乗組員を運んできたソユーズが6月から連結されているが、軌道上での寿命は約200日であるため、数字の上ではクリスマスまでに地球に帰還する必要がある。

ISSの元司令官で、ソユーズの副操縦士だったクリス・ハドフィールド氏は、木曜日のライブ配信で、ISSの乗組員は「いつでも連結を解除して地球に帰還することができます。しかし、コロンビア号の事故の時と同様に、ISS自体とISSに滞在する飛行士の健康の双方について、長期的な計画を考える必要があります」と語った。2003年、スペースシャトル「コロンビア」が大気圏に再突入する際に分解して乗組員7人が死亡した事故を受け、米国のスペースシャトルの飛行は2年以上取りやめられた。

「宇宙ステーションを放棄すると、どこかが故障したときに修理する人がいなくなるため、やがて深刻な問題が生じるでしょう」と、ハドフィールド氏は言う。

ロシアの政府系通信社スプートニクは、ロスコスモスの調査が速やかに終了すれば、2018年12月20日に予定されていたソユーズMS-11の打ち上げを11月中旬に前倒しできると伝えている。また、そのミッションにはすでに3人の乗組員がいるので、今回事故に遭った2人は参加しないだろうという。

ただし、事故の正確な原因がわからないと、ソユーズの次の打ち上げの時期は決まらない。「簡単に診断できる原因であれば、計画からあまり遅れずに済むかもしれませんが」とハドフィールド氏。「問題はたいてい複雑です。そうなると原因特定には時間がかかるでしょう」

「現在宇宙ステーションに滞在している3人は、宇宙に無期限に置き去りにされる可能性もあります」

NASAが状況を打開することはできないのだろうか? 

今はまだできない。2011年にスペースシャトル計画が終了して以来、NASAは宇宙飛行士をISSに送り届けるのに、有償でロシアのロケットに乗せてもらっている。その金額は非常に高く、前回の打ち上げではNASAはソユーズの座席1席に8100万ドルを支払った。

NASAは、米国の民間企業が開発する「宇宙タクシー」で宇宙飛行士をISSに送り届ける計画を進めている。2014年にNASAは、スペースX社とボーイング社の2社と68億ドルの契約を取り付けた。2019年6月にもこの2社がISSに乗組員を送り届ける有人テスト飛行を行うと、NASAは先週発表した。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akihabara.areablog.jp/blog/1000007455/p11781758c.html
日記

■同じテーマの最新記事
消臭代
自動運転車襲撃相次ぐ
イブから冷えます
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
ブログイメージ
akihabara
前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 12月 次の月へ
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
今日 合計
ビュー 27 1030803
コメント 0 0
お気に入り 0 3

カテゴリー一覧

お気に入りリスト

おすすめリンク

キーワード


外苑東クリニック
東京 人間ドック