スーパー秋葉原

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://akihabara.areablog.jp/himiko

はやぶさ2


はやぶさ2、小惑星の画像公開 上空6キロから撮影

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は25日、探査機「はやぶさ2」がこれまでより近い上空約6キロから写した小惑星りゅうぐうの画像を公開した。表面のクレーターや、多数ある岩の塊がより鮮明に見える。

JAXAによると、画像は20日午後4時ごろに撮影した。はやぶさ2は6月27日に上空20キロに到着。7月中旬からは高度を下げながら観測を行っていた。

今後も接近したり遠ざかったりして着陸の練習や重力の計測をし、8月上旬には上空1キロまで迫る予定。



<はやぶさ2>頑丈なエンジン追い求め リュウグウ到着

小惑星探査機「はやぶさ2」を2億8000万キロのかなたの小惑星リュウグウまで送り届けた立役者は、主エンジンのイオンエンジンだ。初代はやぶさではトラブルが相次いだが、改良と耐久試験を重ね往路を無事に乗り切った。開発と運用を担当した宇宙航空研究開発機構(JAXA)の西山和孝准教授(47)は「そう簡単には壊れない」と自信を見せる。

イオンエンジンは、搭載したキセノンガスを電離してプラスの電気を帯びたイオンに変え、マイナスの電気を帯びた電極に引き寄せられるのを利用して噴射し、推進力とする仕組みだ。地上では1円玉を動かすほどの力しかないが、宇宙空間で長時間連続運転することで、探査機を大きく加速できる。

噴射したキセノンは「中和器」という装置によって電気的に中性に戻す必要があるが、初代はやぶさでは4台の中和器のうち3台で劣化や故障が相次ぎ、一時は帰還が危ぶまれた。西山さんは当時、管制室に入り、プロジェクトメンバーで最長となる1600時間の運用を担当し、危機を乗り切るのに貢献した。

はやぶさ2のイオンエンジンに使われている中和器と同じものは、今でも実験室で耐久試験が行われており、既に目標の2万時間を大幅に上回って4万9000時間の運転に耐えている。

はやぶさ2のイオンエンジンは今月3日にひとまず役割を終えて停止した。西山さんは「手を動かし、モノを動かす時間に比例して自信がつく。往路完走は当然、できると思っていました」と語る。「地上でモノを作るまでが勝負。とことんやり尽くした」との自負があるという。

「宇宙で動かせなきゃ、おもちゃに過ぎない。実験室で終わるつもりはないですから」と西山さん。イオンエンジンは復路でも活躍する予定だ。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akihabara.areablog.jp/blog/1000007455/p11762910c.html
日記

■同じテーマの最新記事
昆虫に異変
高速電波バースト
キシリトールに要注意
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
ブログイメージ
akihabara
前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 10月 次の月へ
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
今日 合計
ビュー 180 1022634
コメント 0 0
お気に入り 0 3

カテゴリー一覧

お気に入りリスト

おすすめリンク

キーワード


外苑東クリニック
東京 人間ドック