スーパー秋葉原

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://akihabara.areablog.jp/himiko

プラスチックごみ


深海魚の体内にもプラスチック粒子

微粒子マイクロプラスチックによる世界的な海洋汚染が問題になっている。

アイルランド国立大の研究グループは14日までに、陸地から遠く離れた大西洋の深さ300〜600メートルにいる深海魚の体内にまで微粒子マイクロプラスチックが蓄積していることを突き止めた。検出率は全体の70%超と高く、調査した7種すべてから見つかったという。共同通信が報じた。

研究グループは「マイクロプラスチックにはポリ塩化ビフェニールなどの汚染物質が吸着し、高濃度になりやすい。深海の生態系や、魚を食べる人間の健康にも悪影響を与えかねない」と警告した。


深海魚70%にプラスチック粒子 大西洋、水深600メートルまで

世界的な海洋汚染が問題になっているプラスチックの微粒子マイクロプラスチックが、陸地から遠く離れた大西洋の深さ300〜600メートルにいる深海魚の体内にまで蓄積していることをアイルランド国立大の研究グループが14日までに突き止めた。検出率は全体の70%超と高く、調査した7種全てから見つかった。

いずれも資源量が多い魚で、マグロやイルカなどの餌として重要な役割がある。グループは「マイクロプラスチックにはポリ塩化ビフェニール(PCB)などの汚染物質が吸着し、高濃度になりやすい。深海の生態系や、魚を食べる人間の健康にも悪影響を与えかねない」と警告した。


今のペースでプラスチックが増え続けると2050年までに海洋中のサカナの総重量よりもプラスチックごみの総重量の方が大きくなるという試算もあります。


漁網に捕まる海鳥、緑色LEDで85%減

緑色のライトは、海の動物たちの希望の光になるかもしれない。新たな研究によって、漁網の一種である「刺し網」に緑色のLEDライトを取りつけると、海鳥であるウが誤って網にかかってしまう数が85%少なくなることがわかった。

この手法は、もともとウミガメを救うために開発された。緑色が選ばれた理由は、この波長の光はウミガメには見えるが、魚には見えないとされているため。つまり、緑色の光を使えば、漁獲量を減らすことなく、ウミガメを追い払えるというわけだ。

ウミガメの仲間はすべての種で絶滅が危ぶまれていて、漁業による混獲は重大な脅威となっている。同じグループによる以前の研究から、漁網に緑色のLEDライトを付けることで、ウミガメの混獲数が64%減少することがわかっている。今回、学術誌「Open Science」に発表された新しい研究成果も合わせれば、緑色ライトはより多くの種を救える方法となるかもしれない。

緑色ライトの効果

漁業において、意図しない動物が網にかかることを混獲という。これについては漁師も保護活動家も避けたいと考えている。犠牲になっているのは、イルカやクジラ、カメ、サメなどあらゆる海の動物たち。すでに個体数が減っている動物に対してはさらなる追い打ちとなる。

ライトの効果を見極めるため、英エクセター大学の生物学者ジェフリー・マンゲル氏はペルーの保護団体である「Pro Delphinus」とともに、ペルーのコンスタンテ沖で114の漁網について調査した。対象となった網の長さは、平均500メートルほどだ。

「この場所で試したのは、ウミガメに遭遇する可能性が高いからです」とマンゲル氏は話す。今までに、音波を発する装置を網に取りつけてイルカやクジラを遠ざけるという方法も試し、一定の効果を確認できた。海中で音波を発することでクジラなどを追い払えるのは、彼らが音波を使ってコミュニケーションをとっているからだ。一方で、鳥やウミガメを近づけない効果的な方法は、今まで見つかっていなかった。

ただし、鳥やウミガメがなぜ緑色のライトを避けるのか、その詳しい理由は科学者たちもまだ解明できていない。

「わかっているのは、効果がありそうだということだけです。現在の疑問は、『なぜうまくいくのか』ということです」とマンゲル氏は言う。

米海洋大気局の生態学者であるジョン・ワン氏は、2007年にウミガメがどのようにライトに反応するかを研究した。それによって明らかになったのは、暗い水槽に入れたウミガメは、ライトに引きよせられるということだ。

ワン氏は、今回の論文の著者の一人でもある。当時はウミガメがライトに引きよせられるとし、今回は逆の結論に達したことについて、「特定の状況で、動物がどのような感覚的なきっかけに反応するか」によるのではと考えている。

刺し網の場合、カメや海鳥には水中の障壁として見えるため、単に近づこうとしないのかもれない。

誰でも使えるようにするには

ペルーでは、小規模な漁でもっともよく使われている漁法が刺し網だ。今回のライトを使えば、漁業者にとっても海洋生物を守りたい人々にとっても納得できる方策が見つかるのではないかと、マンゲル氏は考える。「私たちは、漁師たちが漁を続けられるような解決策を探そうとしています。ライト1つあたりの価格を数ドル下げることができれば、小規模な漁でも無理なく使えるようになるでしょう」

環境保護団体「Oceana Peru」の科学ディレクターであるファン・カルロス・リベロス氏は、声明の中で「ペルー沿岸で行われている刺し網漁の規模を考えれば、ライトを付ける方法は持続可能な漁業を広げる絶好の機会になるかもしれません」と述べる。しかし同氏は、ライトの影響をさらに細かく調査することが必要だとも呼びかける。

否定的な反応も

動物保護団体は、命を落とす野生動物の数を減らす手法には賛同することが多いが、刺し網に対して強硬路線をとる団体もある。

「Turtle Island Restoration Network」の事務局長を務めるトッド・ステイナー氏は、電子メールで取材に答え、「刺し網は死のカーテンなのです。それは、漁の対象となる動物にとっても、そうでない動物にとっても変わりません」と述べる。同氏が懸念するのは、LEDライトのような一部の種を救おうとする考え方は、他の種の状況を悪化させる可能性があるという点だ。「Mercy for Animals」のケニー・トリジャ氏も、ステイナー氏と同じ立場だ。トリジャ氏の団体は、魚を食べない食事をサポートしている。

マンゲル氏やワン氏は、今後の研究でもLEDライトなどの安価な手法を使って、イルカ、クジラ、ネズミイルカなどの他の海洋動物を近づけない方法について研究を続ける予定だ。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akihabara.areablog.jp/blog/1000007455/p11758881c.html
日記

■同じテーマの最新記事
タツノオトシゴの新種発見
細胞の老化逆転に成功
ISSの居心地
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
ブログイメージ
akihabara
前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 8月 次の月へ
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
今日 合計
ビュー 52 1017960
コメント 0 0
お気に入り 0 3

カテゴリー一覧

お気に入りリスト

おすすめリンク


外苑東クリニック
東京 人間ドック