スーパー秋葉原

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://akihabara.areablog.jp/himiko

南極大陸の地震活動



結合式地震計を設置する研究チーム 

南極の氷の下では頻繁に地震が起きている。南極の地震を観測することでプレート活動を理解しようという試み

東南極は地球上で最も寒い場所だ。1年を通して氷に覆われており、草木の類はなく、ほんの少し地衣類やコケなどが生えているだけだ。だがそれだけではない。

しかし新たなる研究論文によると南極大陸には恐ろしい地質学的特徴があるという。この凍てついた土地には地震が起きるのだ――それもたくさん。


南極では実に頻繁に地震が発生している

最近まで、東南極の地質構造とプレート活動はあまり知られていなかった。そこで初めて地震が記録されたのは1982年のことだが、それ以来地震が記録されたのはたったの8度だ。

この原因については、分厚い氷の重量によって地震活動が抑えられているため、東南極では地震が発生しにくいと考えられた。しかし米ドレクセル大学のアマンダ・ローグ(Amanda Lough)教授によると、その仮説は正しくないという。

「東南極の地震活動は、ほかの安定した大陸塊に匹敵するレベルです。少なくとも東南極氷床においては、数キロもの厚さを持つ氷床は地震を抑制していません」


地震観測網システムで明らかとなる南極の地震活動

ローグ教授らは、これまでやられていないことを試みた。結合式地震計を「地震観測網」という規則正しい幾何学的パターンに配置した。

同地域では初となる地震観測網システムを設置し測定した結果、2009年だけで東南極内陸部で27の内陸地殻内地震が検出された。

こうした地震は、この地域で初めて地域的に記録された地震活動だ。8度しか地震が記録されなかったかつてよりも地震が活発になっているわけではない。

マグニチュード2.1〜3.9の地震が実際に記録されているが、「地震活動は昔からそこにあったのでしょう。でもこの地域に地震計がなければ、検出はできません」とローグ教授は説明する。

地震活動の大半は、教授らが古い大陸地溝帯系の一部だと考えているガンブルツェフ山脈の側にある盆地で記録されている。

この外ではほとんど地震が観測されず、過去における研究結果と一致した。地震の52パーセントは隆起した地殻内で生じていると考えられている。

地溝帯系は「断層が生じやすい弱いゾーンを作り出し」、そこがすでに弱まっている場合に地震が生じる可能性が高いという。


プレート活動の理解につながる

今回の研究はますます解明が進むプレート活動のさらなる理解につながる。グローバル地震観測網は150ヶ所の観測所からリアルタイムで地震を追跡しているが、まだすべての地域をカバーしているわけではない。南極の研究はましな方だ。

というのも、それ以上に観測が困難な領域である海が地球の7割を覆っているからだ。

「プレート、境界、それらの相互作用といった大きな絵図ならかなり理解されています。現在は、もっと細かい部分の解明を進めているところです。大陸がそれぞれ異なる原因についての細部を解き明かそうとしているところです」




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akihabara.areablog.jp/blog/1000007455/p11751725c.html
日記

■同じテーマの最新記事
メモ帳が機能アップします
働き方革命
バイク大国
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
ブログイメージ
akihabara
前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 7月 次の月へ
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
今日 合計
ビュー 135 1015108
コメント 0 0
お気に入り 0 3

カテゴリー一覧

お気に入りリスト

おすすめリンク


外苑東クリニック
東京 人間ドック