スーパー秋葉原

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://akihabara.areablog.jp/himiko

ホタルだらけ





ホタルの魔法で満たされた、おとぎの国の世界(アメリカ)

お尻からほのかな光を放つホタル。日本では5月から6月にかけて孵化するゲンジボタルが親しまれているが、ホタルの種類は意外と多く、世界にはおよそ2,000種が生息していると言われており、日本国内でも約40種いるそうだ。

街灯のまったくない自然豊かな場所で、ホタルがチロチロと光を放ちながら飛んでいる姿を見るとノスタルジーにも似た甘く切ない気分に浸れる。

ニューヨーク在住の写真家、ピート・マウニー氏はチボリという静かな田舎町でホタルを撮影し続けている。そこは彼の生まれ育った場所で、改めて今そのすばらしさを実感し、写真を撮り続けているという。

ホタルはお尻を発光させることによって、仲間とコミュニケーションをとっていると言われている。仲間の居場所を確認したり、オスとメスが愛し合う時の合図としても使用されているようだ。

その光り方は種類によっても性別によっても違うという。

私は田舎で育ったので、子ども時代、田んぼで捕ったホタルを虫かごに入れ、部屋にそのホタルを放ち、電気を消してホタルたちが光る様をぼーっと眺めるのが好きだった。

今思うと部屋に放ったホタルたちはその後どうなったのだろう?その辺の記憶がまったくないのだが、美しい思い出として脳内補正されているのかもしれない。

ホタルの寿命は成虫で約2週間前後だそうだ。にもかかわらず家の中に引きずり込まれ強制労働をさせてしまい、本当に気の毒な事をした。小さい子どもの時とは言え、一応きちんと謝っておこう。ホタルさんたちごめんなさい。

もう二度としませんから思う存分その生を謳歌してください。またどこかで出会えることを楽しみにしています。

そういやここ数十年、ホタルみてないなー。

6月はホタル祭りが全国各地で開催されているのでどこかに行ってみよう。

ピート・マウニー氏の他の素晴らしい風景写真はインスタグラムで見ることができる。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akihabara.areablog.jp/blog/1000007455/p11736742c.html
日記

■同じテーマの最新記事
ポケモンおじいちゃん
星空2号
百害あって一利なし(1)
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
ブログイメージ
akihabara
前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 8月 次の月へ
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
今日 合計
ビュー 175 1017718
コメント 0 0
お気に入り 0 3

カテゴリー一覧

お気に入りリスト

おすすめリンク


外苑東クリニック
東京 人間ドック