スーパー秋葉原

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://akihabara.areablog.jp/himiko

気候変動で大量移民


飢饉や干ばつ、海面上昇など、気候変動により2050年までに1億4000万人以上が移動を余儀なくされる可能性(世界銀行)

戦争や紛争、内戦などの影響で移民となる人々は多いが、いよいよその理由として気候変動が加わるかもしれない。

地球温暖化の影響により、2050年までに1億4000万人以上が移動を余儀なくされる可能性があるとの報告書を世界銀行(World Bank)が発表した。

飢饉や干ばつ、海面上昇により、移民が大量に発生するというのだ。

気候変動の影響で大量の移民が発生する可能性

世界銀行の報告書によると気候変動の影響を受けるとされるのはアフリカのサハラ以南、南アジア、中南米の3つの地域で、これらに発展途上国の人口の約55%が住んでいる。

報告書を取りまとめたKanta Kumari Rigaud氏は、

適切なプランと適切な支援が必要となるだろう。それらがなければ気候変動の影響を受けて農村部から都市部に移住する人々は新たな問題に直面するかもしれない。今から計画を練れば、気候変動が現実のものとなっても危機的状況には陥らないはずだと語る。

特に移民が増えるホットスポットはこの3ヵ国

世界銀行の報告書において、特に移民が増えるホットスポットとしてあげられているのはエチオピア、バングラデシュ、メキシコの3ヵ国である。

エチオピアでは干ばつにより農作物の収穫量が減少し、北部の高地から南部の高地へと移動する人々が多くなるという。

また、バングラデシュでは気候変動の影響で北東部および首都・ダッカ周辺から移動する人々が増え、メキシコではメキシコシティなど都市部への人口流入が激しくなると見られている。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akihabara.areablog.jp/blog/1000007455/p11725427c.html
日記

■同じテーマの最新記事
アマゾンとベストバイが提携
ステーブルコイン
海外サイトでお買い物
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
ブログイメージ
akihabara
前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 4月 次の月へ
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
今日 合計
ビュー 179 1004970
コメント 0 0
お気に入り 0 3

カテゴリー一覧

お気に入りリスト

おすすめリンク


外苑東クリニック
東京 人間ドック