スーパー秋葉原

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://akihabara.areablog.jp/himiko

オオカミ男




狼に育てられた男、人間としての暮らしに失望している(スペイン)
マルコス・ロドリゲス・パントーヤは7歳の時から12年間、スペイン、コルドバの山間部で狼とともに生きてきた。
19歳の時、治安警察隊に発見され文明社会に帰還することになった。しかし現在72歳になった彼は人間との暮らしにそれほど馴染めなかったようだ。
彼が今までの人生で一番幸福だったのは、オオカミたちと暮らした時期で、現在の人間としての暮らしに失望しているという。
親に捨てられ、共に暮らした羊飼いの老人に先立たれ独りぼっちに
1946年、コルドバ、アニョーラで生まれたパントーヤは3歳の時に母親を亡くし、それから間もなくして父親が別の女性と結婚した時に捨てられた。
まだ子どもだった彼は山に連れて行かれ、年老いた羊飼いに身売りされる。パントーヤは羊飼いの後を継ぎ、300頭の羊の面倒を見るようになった。
老人から火の起こし方や道具の使い方を学びながら暮らすが、彼がまだ8歳にも満たない1954年、羊飼いは亡くなり、独り取り残されることになった。
その後狼たちと暮らすように
パントーヤが野生の狼と暮らすようになった経緯ははっきりしない。しかし12年後に治安警察隊が彼を発見した時、パントーヤは人語の代わりに動物のような唸り声を発するようになっていた。
彼は文明に連れ戻されるが、人間との暮らしに馴染むことはなかった。ある時などは、狼たちの許に帰ろうとさえした。しかし以前とは変わってしまい、狼たちに兄弟として受け入れられることはなかった。
「すぐそこにいるのは分かる。息遣いも聞こえる。それで鳥肌が立つ…でも姿は見せちゃくれない」と最近パントーヤはエルパイース紙で語っている。
「狼がいて、呼びかけるとちゃんと返してくれるんだ。でも近寄ってはこなかった。私から人間の臭いがして、コロンもつけていたせいだな」
一番幸せな記憶は狼たちと暮らしたこと
パントーヤは彼の最後の幸せな記憶は狼たちとの暮らしでのことだったと話す。そこにいたメス狼は彼の人生で初めて母親としての愛情を示してくれた。また子狼たちも彼を兄弟として受け入れてくれた。
彼に自然の中で生きる方法を教え、食べられる木の実やキノコあるいは毒入りのものを示してくれた。彼はコウモリや蛇が潜む洞窟の中で眠り、大地を裸足のまま全力で駆け回った頃を覚えている。
「走れないのは雪で痛くなってしまう時だけだ。足には大きなタコができて、岩を蹴るのなんてボールを蹴るようなものだった」
人間としての暮らしに失望
そんな幸せな時間は53年前に終わり、それからは失意の人生となった。彼は人間に騙されたり虐待されたりしたこと、介護や建設の仕事で上司に利用されたことを語る。サッカーや政治について詳しくないことを人から馬鹿にされることもあるという。
今、パントーヤはガリシア州オウレンセのランテという村で暮らしている。年金では暖房を買うことができず、今年の冬は特に難儀したという。幸いにも「アミーガス・ダス・アルボレス」という団体が寄付を募り、次の冬に向けた暖房器具を購入してくれた。
人との暮らしに失望を禁じ得ない彼であるが、少なくとも隣人の何人かは仲間として受け入れてくれたことが嬉しいと語る。
また子供たちとおしゃべりしながら、動物の素晴らしさや環境を守ることの大切さを話すことが好きだという。
アミーガス・ダス・アルボレスは時折彼を学校に招き、生徒たちに話をしてもらっている。パントーヤが一番落ち着ける人間は子供なのだ。
パントーヤは動物に育てられた人間というほとんど前例のない稀有な事例である。これまで人類学や本の題材として度々研究対象とされてきた。



悲しいから鳴く?オオカミの遠吠えの意味
残念なことに日本にオオカミはもういない。オオカミの遠吠えがどんなものなのか?実際に聞くことはできないが、荒野に響くオオカミの遠吠えは遠くからでもよくわかるし、とてつもなく恐ろしく感じることもあるだろう。
低く長い続くというその鳴き声は、彼らにとっては遠く離れていてもコミュニケートできる完璧な方法だ。だが、オオカミはどうして、広大な森やツンドラで、姿の見えない相手に対してと必死に連絡をとろうとするのだろう?
オオカミは単にでたらめに遠吠えしているのではないことはわかっている。彼らは群れによって特有のさまざま遠吠えを、状況によって使い分けている。また、人間の話し方のように、個体によっても鳴き声が違うので、科学者たちは鳴き声によって個体を特定できるという。
オオカミの遠吠えにはいくつかの目的があるが、最も特徴的なものは、群れから離れたメンバーを呼び戻す為のものだ。実験的にあるオオカミを群れから一度離してみて、ほかの仲間がいなくなった仲間に向かってどれだけ必死に遠吠えするか観察してみた。
隔離された個体が群れの中でも高い地位にあるオオカミだと、群れは頻繁に遠吠えをした。群れの中での親しい仲間だったオオカミを引き離した場合にも同じような現象が起こった。
研究者たちは、群れの中で不可欠な仲間がいなくなることでストレスがたまり、遠吠えするのではないかという生物学的な仮説をたてた。だが、その後のさまざまな分析でも、オオカミのストレスレベルは変わらなかったため、遠吠えの動機は本能的、原始的欲求ではないということがわかった。チューリッヒ大学のドクター・サイモン・タウンゼントは次のように説明する。
オオカミの群れというコミュニティーの中で、より重要な役割を果たしている個体がいなくなると、仲間の遠吠えはより激しくなるようだ。コミュニティーがうまく回るよう、残されたオオカミたちがこの個体と接触を試み、元の群れに戻そうとするのは当然であるが、仲間との友情が絡むときも同じ現象が起こる。
群れから仲間がいなくなることにより、強いストレスを感じて分泌される副腎皮質ホルモンのレベルが高くなるのかと思ったがそうではなかった。「群れ」というコミュニティーを形成して暮らしているオオカミには、人間と同じような感情があり、社会的、社交的要素を持っているという説明につながる。
オオカミの群れには、人間に近い複雑な社会的相互関係が働いているのかもしれない。この研究には参加していないが、ノッティンガム・トレント大学のオオカミの遠吠えの専門家ホリー・ルート・ガターリッジはこの発見が重要な意味をもつ理由をこう説明している。
「オオカミは愛する仲間がいなくなり、一緒にいたいと思うから、遠吠えという行為を選んでいる。遠吠えの引き金となる社会的な接触から切り離すことはとても難しいし、ホルモンがその引き金を変えることもある。つまり、オオカミは本能で鳴くのではない。自ら判断して、複雑な社会的相互関係を考慮し、相手を思う気持ち (尊敬や愛情) が遠吠えという行動に変わっているということなのかもしれない。」



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akihabara.areablog.jp/blog/1000007455/p11725297c.html
日記

■同じテーマの最新記事
アマゾンとベストバイが提携
ステーブルコイン
海外サイトでお買い物
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
ブログイメージ
akihabara
前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 4月 次の月へ
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
今日 合計
ビュー 177 1004968
コメント 0 0
お気に入り 0 3

カテゴリー一覧

お気に入りリスト

おすすめリンク


外苑東クリニック
東京 人間ドック