スーパー秋葉原

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://akihabara.areablog.jp/himiko

ノートパソコン爆発炎上



無人のオフィスで突如ノートパソコンが爆発炎上。その一部始終を監視カメラがとらえていた

先月末、イギリス、ロンドンのオフィスビル内のある会社で、充電中のノートパソコンがいきなり爆発炎上、室内が焼け落ち建物全体が被害を受けるという前代未聞の事故があったそうだ。

監視カメラが出火時の様子をとらえていた。

幸いにも当時は夜間で人もおらず死傷者もなかったが、衝撃的なニュースは国内外を駆け巡り、充電器や電池パックの恐ろしさ、製品の不具合にまつわる報道などがなされている。

無人のオフィスで爆発炎上したPC

この動画は3月23日に公開された監視カメラの映像だ。現場はロンドンのレッチワースのビルに入っていた、塩化ビニール製の生地やポリエチレンシートを扱う会社のオフィスで、夜中にノートパソコンが突然爆発する様子がとらえられている。

最初は無人の室内が映っていたが・・・

突然ノートパソコンから火が!

瞬時に爆発!映像も真っ白になってしまった

その後も爆発が続き炎が広がっていく

室内には煙が充満、もはや炎しか見えない

充電したまま帰宅。スマホの警報で飛び起きた所有者

このPCの所有者であり、この会社の社長であるスティーブ・パフェットさんでは、オフィスで日中の仕事を終えた、ノートパソコンの本体がオフの状態で充電ケーブルをつけたまま帰宅した。

爆発が起きたのはその夜のことだ。オフィスは無人だった。自宅で寝ていたパフェットさんはスマホの警報に飛び起き、監視カメラのアプリで恐ろしい事態を知った。

オフィスだった場所に火の手が上がっている。あまりのことに茫然としかけたが、身支度をして現場に向かうと同時に緊急電話に連絡した。

室内は焼け落ち、建物は煙の煤だらけ

彼が到着するとすぐに警察や消防などが駆けつけた。一時はパフェットさんも自力で消火しようとしたが、炎の勢いは彼の手に負えるようなものではなく、その道のプロである隊員に任せるほかなかった。

その後火事はおさまったが、パフェットさんがオフィスにしていた1階の床は焼け落ちボロボロだという。

そしてすべての在庫がダメになった。燃えずともひどい煙でいぶされたため使えなくなったのだ。

しかも建物全体が煤で汚れて悪臭を放っている。幸運にもパフェットさんは無事で死傷者もゼロだが建物に被害が生じたのは変わりない。

過度の充電や放置にも原因が?

パフェットさんによると、問題のノートパソコンは2014年から使っていたHPのENVY(エンヴィ)シリーズで、これまで異常を感じたことはなかったそうだ。

この件に関してアメリカの一部のニュースサイトは充電器の怖さを報じ、消防局が過度な充電や人がいない場所での充電を推奨していないことなどを報じた。

まさかノートパソコンが炎上するとは

パフェットさんは仕事どころではなく、今後半年はどうにもできないという。

保険に加入していたおかげで商売そのものには支障がなかったが、現実にはそうはいかない。なにしろ職場がないのだ。

彼は、爆発しうるものが身近にあるとは思ってもみなかった、この危険性を人々に知らせたいとも語っていた。

今回は幸いなことに巻き込まれずに済んだが、一つ間違えば目の前のPCにやけどを負わされ、殺されていたかもしれないのだ。

PCには電池パックの不具合も?

だが、その後の情報によるとパフェットさんが使っていたPCは、リチウムイオン電池パックの過熱または出火によりユーザーを危険にさらすおそれがあるとして、HPがリコールならびに自主回収を公表していた製品に該当するという。

パフェットさんがそれを知っていたかどうかは定かでなく、詳しい状況や事故原因も明らかになっていないが、今回の火災の原因は充電方法だけではなかったかもしれない。

リチウムイオン電池をめぐるリコールは過去にも

リチウムイオン電池はノートパソコンだけでなくあらゆるもの動力となる驚異的なテクノロジーの賜物だ。しかし時々爆発したり発火することがある。

2016年、サムソンは爆発の恐れがあった主力商品Galaxy Note 7をリコールした。だが一部のユーザーは返品をしなかった。

その情報を知らなかったユーザーもいるかもしれないが、やけどや死の危険性をはらんだ製品が今もどこかで使われているのだ。

恐ろしい事故のリスクを回避する手段

動画を見ればわかるとおり爆発の威力はすさまじいものだ。あっという間に火の手が上がり、建物全体に被害を及ぼすほどの破壊力がある。

電子機器から発生しうる事故を防ぐには、ユーザーが適切な取り扱いを心がけるほかに、メーカーが発信する情報をより広く伝える手段が要るかもしれない。

リコール情報に目を通す方法も

これを報じた現地のサイトでは、米国消費者製品安全委員会が公開し続けているリコール製品の一覧を紹介、一見の価値があると勧めている。

なお、日本でも経済産業省のウェブサイトなどがリコール製品の情報提供を行っている。リチウムイオン電池製品だけでなく、他の製品の安全も確かめておけば、事故の不安も解消されるだろう。

メーカーからの通知やニュースで流れたりもするが、かなり後になってから不具合がわかることもあるわけで、製品そのものが教えてくれるとかなんかいい方法ないのかなー。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akihabara.areablog.jp/blog/1000007455/p11723988c.html
日記

■同じテーマの最新記事
アマゾンとベストバイが提携
ステーブルコイン
海外サイトでお買い物
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
ブログイメージ
akihabara
前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 4月 次の月へ
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
今日 合計
ビュー 217 1005008
コメント 0 0
お気に入り 0 3

カテゴリー一覧

お気に入りリスト

おすすめリンク


外苑東クリニック
東京 人間ドック