スーパー秋葉原

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://akihabara.areablog.jp/himiko

未知との遭遇講義




トルコの大学で宇宙人との遭遇に備える講義が開設される

おそらくいるんだけれどもいまだ遭遇を果たしていない宇宙人(異星人)。物理学者スティーヴン・ホーキング氏やフェイスブックのマーク・ザッカーバーグ氏、ロシアの起業家ユーリ・ミルナー氏が巨額の資金を投じ宇宙人捜しをはじめたのは昨年のことだが、未知との遭遇はもうそこまできているのかもしれない。ていうかすでにもう来ているのかもしれない。

トルコのアクデニズ大学では最新のカリキュラムに「UFO学と地球外政治学」という講義を開設した。

講義が目指すのは、学生に宇宙からの訪問者を適切に迎える準備をさせることだ。講師のエルハン・コルバシ氏は、彼らはすでに何度も地球を訪問していると考えているそうだ。

宇宙人の出迎え方から陰謀論まで、多角的な授業が行われる

講義で取り上げるのは、実践的な準備と惑星間の外交のみではない。地球に宇宙人がいることを政府が隠蔽しているという噂についても論じられるという。

「シリウスUFO宇宙科学研究センター」の副センター長を務める彼によると、光ファイバーケーブル、マイクロチップ、暗視装置は墜落したUFOから回収された情報を基に開発された技術である。

「地球と地球外文明の代表者が間もなく公式な接触を図るものと考えています。世界史上最大の変化を目撃することになるでしょう」とコルバシ氏。彼はこの接触が10〜15年以内に果たされると考えている。


マジェスティック12の真相を暴きたい

またコルバシ氏は、特定の組織が地球を訪れた宇宙人の活動に関する人類の知識を奪い取り、隠蔽していると非難する。

ずばりそれはマジェスティック12のことだ。マジェスティック12はハリー・トルーマン元米大統領主導の元、国家の利益という名目のもと、宇宙人に関する調査や、宇宙人との接触や交渉を過去60年に渡って秘密裏に行ってきたとされている組織で、彼らは宇宙人の来訪を隠すためであれば殺人すら厭わないとされている。

マジェスティック12は都市伝説のような存在であり、UFO関連の陰謀論には常に黒幕としてたびたび登場する。

関連記事:本当はそこで何が起きていたのか?機密解除されたエリア51に関する8つの仮説と、最近撮影された映像

噂の真相を突き止めようと乗り出した者もいるが、その謎は解明されるどころか、ますます分からなくなるばかりだ。

なおFBIは、アメリカ空軍特別捜査局が関与する調査の一環として、マジェスティック12に言及している最初の文書を精査。完全に偽文書であるとサイトに次のような宣言を掲載した。

1988年、FBIオフィス2ヶ所で同じような内容を記したある覚書を受け取った。題名を『オペレーション・マジェスティック12』といい、政府の機密文書扱いだった。それは新たに当選したアイゼンハワー大統領に対して、回収された地球外の宇宙船を利用し、その事実を一般から隠蔽することを目的として設置された極秘委員会の概要を説明するものであるらしかった。空軍の某捜査局は偽文書であると判断している。

UFOや宇宙人のことが詳しく知りたい、陰謀論に関する学位が欲しい人にとっては興味のある講義と言えよう。まずはトルコ語を理解することからはじめなければならないが。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akihabara.areablog.jp/blog/1000007455/p11688052c.html
日記

■同じテーマの最新記事
スイッチ絶好調
割れてもくっつくガラス
行動経済学
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
ブログイメージ
akihabara
前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 12月 次の月へ
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
今日 合計
ビュー 40 993602
コメント 0 0
お気に入り 0 3

カテゴリー一覧

お気に入りリスト

おすすめリンク

キーワード

|

外苑東クリニック
東京 人間ドック