スーパー秋葉原

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://akihabara.areablog.jp/himiko

矯正展


刑務所「矯正展」が人気 背景に受刑者の生活スペース見学

お堅いイメージ脱却へ多彩イベントも

受刑者らが刑務所などで作製した製品を展示・販売しようと、各地の刑務所や矯正管区などが開催している「矯正展」が、人気を広げている。

来場者は年々増加を続け、平成28年度は法務省が集計を始めた20年度と比べて約13万人も増え、38万人以上が足を運んだ。人気の秘密を探ると、お堅い印象から脱しようと、普段はベールに包まれた内部の見学会を中心に多彩なイベントを打ち出す刑務所側の創意工夫があった。(田中俊之)

矯正展は、受刑者らが刑務所内の作業所で行っている刑務作業を広く知ってもらうため、刑務所など全国の矯正施設を中心に開催されている。法務省によると、昭和34年に東京都内で「第1回全国矯正展」が開催されたのが始まり。その後、全国各地の刑務所で個別に催されるようになり、今年度は全国で計117回の開催が予定されている。

年を追うごとに来場者数は増え、集計の残る20年度は全国で約25万6千人だったが、昨年度は約38万8千人にまで増加。このうち、大阪刑務所(堺市堺区)が毎年秋に開催する「関西矯正展」には昨年、5年前(約1万7300人)と比べて2倍近くの約3万1500人が訪れた。

イメージ払拭

もともと仕事の丁寧さなどから製品の質の高さに定評はあったが、昔は刑務所内の体育館など屋内の施設で製品を並べて販売するだけだった。近年、人気が高まっている背景には、各地の矯正展が工夫を凝らしたイベント展開がある。

中でも刑務所見学は「最近はどこの矯正施設でも見学会を取り入れている」(法務省担当者)と目玉の一つ。大阪刑務所では18年に初めて企画し、当時はバスで施設内を巡回するだけだったが、最近は刑務作業を行う工場、受刑者が利用する風呂場などの内部も見学コースに入れている。

同刑務所で11日から2日間の日程で始まった「第30回関西矯正展」でも受付に長蛇の列ができた。6年ぶり2回目の参加という大阪市住之江区の会社員、山田哲史さん(55)は「暗いイメージだったが、整理整頓された清潔な空間だった。普段立ち入れないところに入れるのが魅力」と話していた。

関西矯正展では、親族や知人らが受刑者と面会できる面会室も初めて公開。同刑務所は「矯正施設なので制約はあるが、可能な限り公開することで刑務所や受刑者に対する理解につなげたい」としている。

ゆるキャラも

全国の矯正展ではこのほか、屋外にステージを設けてアイドルのコンサートや学生による吹奏楽の演奏会を開催したり、地元のゆるキャラを集めたイベントを開いたりと工夫を凝らし、来場者アップにつなげている。今年の関西矯正展でもステージイベントのほか、刑務官が着用していた過去の制服や階級章といった秘蔵資料の展示や、刑務官の制服を着る「ちびっ子刑務官撮影会」、刑務所のレシピを再現した「プリズンカレー」(数量限定)の販売などがある。

法務省の担当者は「来場者の増加は大変ありがたいこと。矯正展を通じ、刑務所の意義や再犯防止に向けた取り組みについて知ってほしい」と話している。

受刑者「やりがいある」

家具・インテリア製品や日用品、子供のおもちゃやオリジナルグッズと幅広い製品が、刑務作業として全国の刑務所など製作されている。このうち大阪刑務所は、日本三大緞通(だんつう、敷物)の一つ「堺式手織緞通」を製作していることで有名だ。

「堺の手織緞通」として手織りの技術が大阪府の無形民俗文化財に指定。平成4年に最後の本格的な伝承者が亡くなり、6年から刑務作業に採用された。地元で技術の伝承が行われているが、今では同刑務所が国内唯一の“メーカー”という。

緞通は縦糸に多彩な色の横糸を手作業で織り込み、細かい絵柄を精緻に表現するのが特徴。指導にあたる同刑務所の作業専門官(53)は「受刑者の刑務作業ではあるが、織機に向き合っているとき、彼らは芸術家になったように取り組んでいる」と話す。30代の男性受刑者は取材に対し、「どの色の糸をどこに入れるかで全然違う作品になる。自分のオリジナル作品を作れることにやりがいを感じている」と話した。

一方、「社会復帰したときの力になれば」と話すのは別の30代の男性受刑者。刑務所に入る前は仕事で嫌なことがあるとすぐに投げ出していたというが、「作業を通じてこだわりを持って一生懸命やったり、最後までやり抜いたりするようになった」と自分自身の変化を感じていた。

【用語解説】刑務作業

刑法に懲役の内容として「刑事施設に拘置して所定の作業を行わせる」と規定。規則正しい生活を送り、技術を得ることで、受刑者らの矯正や円滑な社会復帰を図る。法務省によると、今年4月時点で全国76の矯正施設(刑務所、少年刑務所、拘置所)で約4万6千人が、木工や印刷、洋裁などの作業に従事している。刑務作業の収入は国庫に入る一方、受刑者らには作業報奨金が支給される。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akihabara.areablog.jp/blog/1000007455/p11680485c.html
日記

■同じテーマの最新記事
画像診断
そこまで言って委員会
どこに駐めたか忘れました
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
ブログイメージ
akihabara
前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 11月 次の月へ
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
今日 合計
ビュー 87 990786
コメント 0 0
お気に入り 0 3

カテゴリー一覧

お気に入りリスト

おすすめリンク


外苑東クリニック
東京 人間ドック