スーパー秋葉原

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://akihabara.areablog.jp/himiko

大失敗

韓国屈辱、自国で相次ぐ「首脳会談失敗」報道 「1泊2日の訪韓は一層物足りない」「夫人が手を振らなかった」
大失敗−。日米首脳会談が2泊3日だったのに対し、米韓首脳会談が1泊2日と短かったことなどを受けて、韓国国内では「失敗首脳会談」とする屈辱外交との論調が広がっている。文在寅(ムン・ジェイン)大統領はトランプ米大統領が訪韓中、親密さを構築するため躍起だったようだが、空回りの連続。蜜月と言われる安倍−トランプ両首脳との格差をかえって世界に印象づける格好になった。
米韓首脳会談から一夜明けた8日、文氏の思惑とは裏腹に自国内では惨憺たる評価が相次いだ。
「失敗首脳会談と囁かれている」と報じたのは、中堅経済紙の毎日経済。「ベストフレンドと呼ぶ日米首脳に比べ、韓米首脳の親密さが見劣りするとの指摘が出ている」とし、「日米首脳が睡眠時間以外はぴったりくっついて4回の食事を共にしたことを踏まえると、1泊2日の訪韓は一層物足りない」とした。
返す刀で「トランプ大統領が(駐韓米軍の)平沢基地を視察する時間が延び、歓迎式および米韓単独拡大首脳会談を1時間ちょっとで切り上げる結果に。晩餐会も遅れ、時間に追われた失敗首脳会談ではと囁かれている」と報道。「韓米首脳が2人きりで会話した時間は、大統領官邸内を散策した10分がすべて。日米首脳が5時間もゴルフをしたのと対照的だ」と切って落とした。
中央日報は「写真で見るトランプ大統領に対する日韓の違い」と題して日韓を比較。(1)日本に到着したメラニア夫人は手を振ったが、韓国では振らなかった(2)メラニア夫人は日本の横田基地に同行したが、平沢基地に来なかった−などと嘆いている。
文氏の影響力のなさを間接的に指摘したのはニューデイリー(ネット新聞)だ。
「国会前でトランプ氏の国会演説を非難する声が響いたが、文大統領が『お客さまを歓迎しよう』と呼びかけた3日後のことだ」と反米デモを抑えられなかった力量を問題視した。
評価されるどころか失敗ばかりが浮き彫りに。今後、文氏の支持率にも影響してきそうだ。
河野太郎外相は8日、訪問中のベトナム・ダナンで、韓国が7日の米韓首脳晩餐会に元慰安婦を招いたことに、抗議の意を含む康京和(カン・ギョンファ)外相宛てのメッセージを韓国政府高官に伝えた。政府は7日にソウルの日本大使館を通じて抗議しており、2日連続の抗議になる。



トランプ大統領と抱擁交わした元慰安婦が夕食会招待の経緯明かす「大統領府に呼んでほしいと自ら頼んだ」
2017年11月9日、トランプ米大統領夫妻を招き7日開かれた韓国の歓迎夕食会に出席した元慰安婦が、会でのエピソードや出席に至るいきさつについて、韓国・ヘラルド経済のインタビューを受け語った。
夕食会でトランプ大統領と抱擁を交わす様子がとりわけ大きく報じられた元慰安婦の李容洙(イ・ヨンス)さん。大統領府から公文書により招きを受けたのは、会のわずか2日前の今月5日のことだったという。李さんは今回の招待について、文在寅(ムン・ジェイン)大統領夫人の金正淑(キム・ジョンスク)氏に一度頼んでおいたのに対し、金夫人が約束を忘れず応えてくれたものだと話す。今年8月15日の光復節(日本からの解放を祝う記念日)の行事に出席した際、金夫人に「いつか大統領府に必ず呼んでほしい」と話したところ「はい、かしこまりました」と答えてくれたそうだ。
夕食会では、韓国が領有権を主張する竹島(島根)近くで捕れた「独島(竹島の韓国名)エビ」を使った料理が出されたことが話題になっているが、「食事は口に合ったか」との問いに、李さんは「いろいろ出されたが、ああ、胸がいっぱいで味も分からずただよく食べた」と回答。大統領府に入れただけでとにかくありがたく心が満ち足りたという。
そして注目の「抱擁」シーンについては、「トランプ米大統領と抱き合う時、文大統領がそばで『よくいらっしゃいました』とおっしゃった」ことを明らかに。また続いて金夫人とあいさつを交わす際に「実にお会いしたかった」と声を掛けたところ、「まあまあ、私もです」と返してくれたそう。またこの場面が大きく報道されたこを念頭にか、「わが文在寅大統領も米国大統領もすごいと思った。私をこうして広く知らしめてくれたのだから。とてもありがたい」と語った。
最後に李さんは、会の記念品として「陶磁器か何かと、小さな石釜を風呂敷に包んだもの」を受け取ったと明かした。
日本政府はこの夕食会に関し韓国側に正式に抗議をしているが、報道に接した韓国のネットユーザーからは「心が温かくなった」「これが国というもの。国民に仕える気持ちが大事」「まず国民のことを考える指導者の姿だね」「私が文大統領に感謝したい」と文政権を絶賛するコメントや、「慰安婦問題もうまく解決されることを望む」との意見が寄せられている。



トランプ氏夕食会の「独島エビ」 外交的な意図なし
【ソウル聯合ニュース】韓国の林聖男(イム・ソンナム)外交部第1次官は10日、国会外交統一委員会に出席し、トランプ米大統領が先ごろ、北朝鮮との活発な接触を示唆する発言をしたことについて、「米国と北の交流と接触は(北朝鮮の国連代表部を窓口に実務レベルのやりとりをする)ニューヨーク・チャンネルを通じて常時行われており、いわゆる1.5トラック(半官半民)レベルの交流や学術会議を契機にさまざまな接触があるが、まだ具体的な進展は目につかない」と説明した。
また韓米首脳会談以降に浮上した米国などの「インド太平洋戦略」に関する論議については「韓米共同のメディア発表文を見れば、トランプ大統領は韓米同盟がインド、太平洋地域の安全保障、安定と繁栄のための核心軸であることを強調したことになっている」と述べた。
また「インド太平洋という概念について、トランプ大統領の訪韓を機に議論はあったが、概念に対する具体的な説明をまだ聞いていない状況であり、さらなる協議と検討が必要」と説明した。
インド太平洋戦略が中国を封鎖する概念であるかについては、「まだそのような判断も内部的にできていない」とし、「もう少し様子を見て、検討してみなければならない」と話した。
トランプ大統領の歓迎夕食会に旧日本軍の慰安婦被害者が招待されたことや、独島沖で取った「独島エビ」を使った料理が出されたことなどについて日本から抗議があったことについては、「メニューや行事の内容は儀典に関する部署で検討される」とし、「このようなメニューが話題になることは誰も予想していなかった」と述べ、外交的な意図はなかったと説明した。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akihabara.areablog.jp/blog/1000007455/p11679860c.html
日記

■同じテーマの最新記事
どこに駐めたか忘れました
AIスピーカー発売延期
EVスタートは中国から
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
ブログイメージ
akihabara
前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 11月 次の月へ
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
今日 合計
ビュー 235 990683
コメント 0 0
お気に入り 0 3

カテゴリー一覧

お気に入りリスト

おすすめリンク


外苑東クリニック
東京 人間ドック