スーパー秋葉原

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://akihabara.areablog.jp/himiko

有毒シャツで重軽傷多数

配布Tシャツで皮膚やけど、100人超が重軽傷
神奈川県茅ヶ崎市で昨年9月、スポーツ大会で配られたTシャツを着た参加者100人以上が皮膚のかぶれを訴えるなどして重軽傷を負う事故があり、県警は、人体に有害な恐れがある薬品と知りながらTシャツのプリント用に販売したとして、インク販売会社「松井色素化学工業所」
(京都市)の60歳代の役員と30歳代の開発担当者の男2人を業務上過失致傷容疑で12日にも書類送検する方針を固めた。
捜査関係者によると、2人は床の殺菌や消毒などに使われる薬品をTシャツのプリント用として販売し、Tシャツを着た男女100人以上に重軽傷を負わせた疑い。
被害者の中には、化学熱傷の症状で入院した人もいたという。


毒シャツで多数が重軽傷とはめったにないレアなニュースで驚きました!


<Tシャツ>100人超かぶれ 染色剤社員を書類送検
神奈川県茅ケ崎市で昨年9月、マリンスポーツ大会で配布されたTシャツを着た参加者の皮膚がかぶれるなどした事故で、県警は12日、シャツのプリントの下処理に使われた薬剤を開発した染色剤開発・製造会社「松井色素化学工業所」(京都市)の当時の技術部長の男(67)と開発担当者の男(35)を業務上過失傷害容疑で横浜地検に書類送検した。
容疑は、処理剤を開発した際、皮膚への影響を調べる安全管理を怠るなどし、昨年9月10日、会場でTシャツを配布された大会関係者107人に重軽傷を負わせたとしている。
県警によると、処理剤が高濃度のまま繊維に残っていたことが原因とみられ、2人は「薬剤が危険だという認識はあったが、薄めて使用したので大丈夫だと思った」と説明しているという。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akihabara.areablog.jp/blog/1000007455/p11669968c.html
日記

■同じテーマの最新記事
物々交換アプリ
新型暖房器具
爆殺
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
ブログイメージ
akihabara
前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 10月 次の月へ
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
今日 合計
ビュー 97 987390
コメント 0 0
お気に入り 0 3

カテゴリー一覧

お気に入りリスト

おすすめリンク


外苑東クリニック
東京 人間ドック