スーパー秋葉原

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://akihabara.areablog.jp/himiko

小惑星大接近


10月12日に小惑星「2012 TC4」が地球に接近

さて前回お伝えしたように、いよいよヤツがやってくる。

10月12日、小惑星「2012 TC4」が地球をかすめていくのだ。地球と月の間を通過する際の距離はわずか6800キロ先でしかない。

NASAが作成したアニメーションには、2012 TC4が地球と月の間に東からやや北の方角から進入し、そのまま対角線を描くように外宇宙へと突き抜けていく軌道が示されている。


【専門家が「かする」、「やばいほど近い」と表現するほどの大接近】

6,800キロのフライバイは結構近い。日本からハワイまでが約6,430キロだから宇宙空間と考えるとその近さがわかるだろう。

2012 TC4の軌道について、専門家は「かする」と表現している。天文学的な視点からはまさに髪の毛ほどの差でしかないのだ。

NASAはこの超接近を利用して、2012年に発見された小惑星の貴重なデータを収集しようと計画している。

NASAのTC4観測プログラムの責任者マイケル・ケリー氏は、「科学者にとってありがたいことに、小惑星が接近し、安全に通過するタイミングは把握されています。おかげで可能な限りその特徴を学ぶための準備を整えることができます」と話す。

「今回は一層の努力をしています。この小惑星フライバイを利用して、世界に張り巡らされた小惑星発見・追跡ネットワークを試験し、本当の潜在的脅威が発見されたときの対応能力を評価する予定です」(ケリー氏)

ドイツ、ダルムシュタットに本部がある欧州宇宙運用センターの所長ロルフ・デンシング氏によれば、「やばいほど近い」そうだ。

「最も遠方にある人工衛星は36,000キロ離れたところを飛んでいます。そう考えれば、どれだけ近いか分かるでしょう」と同氏。

「今くらい接近してからの予測ならきわめて確かでしょう。つまり小惑星は外れるということです」(デンシング氏)

地球に衝突する危険性は低いが、2012 TC4は10〜30メートル級。2013年にロシア上空で爆発し、建物に損害を与え、1500人もの怪我人を出したチェリャビンスク隕石よりも大きいと考えられている。

追記(10/11 12:15):NASAの最新の発表によると、TC4はおよそ42000キロのところを安全に通過するとのことだ。なお、国際小惑星警戒ネットワークの動作テストとして、TC4の追跡は引き続き行われているという。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akihabara.areablog.jp/blog/1000007455/p11669859c.html
日記

■同じテーマの最新記事
新型暖房器具
爆殺
夏から冬へ一直線
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
ブログイメージ
akihabara
前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 10月 次の月へ
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
今日 合計
ビュー 77 987370
コメント 0 0
お気に入り 0 3

カテゴリー一覧

お気に入りリスト

おすすめリンク


外苑東クリニック
東京 人間ドック