スーパー秋葉原

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://akihabara.areablog.jp/himiko

ハゲから増毛へ


廃線の駅をなぜ改修? 

聖地・旧増毛駅の再整備決定、

駅舎は2倍の大きさに!?

2016年12月に廃止されたJR留萌本線の留萌〜増毛間、その終着駅だった増毛駅が改修されます。列車が来ない駅がなぜ改修されるのでしょうか。


駅は町のシンボル

かつてJR留萌本線の終着駅だった増毛駅(北海道増毛町)は、その名称から、硬券の入場券が“縁起物”とされるなど鉄道ファンには知られた存在でした。

しかし、2016年12月に留萌〜増毛間が廃止。運行最終日には同駅で「お別れセレモニー」が開催され、多くの鉄道ファンが最後の列車を見送っています。

JR留萌本線の終着駅だった増毛駅ホームの駅名標。

もはや列車は来ないはずですが、増毛町はこの旧駅を改修するといいます。同町企画財政課に話を聞きました。

――廃止駅を改修するというのは、どのような目的があるのでしょうか?

新たな観光施設として、そして町民のシンボルとして駅を再整備します。おっしゃるとおり列車の駅としての役割は終えていますが、増毛町は駅を中心に発展してきたこともあり、「鉄道があった」歴史を残す目的があります。

――どのように改修するのでしょうか?

まず、駅舎の建物面積をおよそ2倍、1921(大正10)年開業当時の大きさにし、外壁も板張りに変えて昔の姿に近づけます。駅周辺の建物は「増毛の歴史的建造物群」として「北海道遺産」に登録されているのですが、新しい駅舎外観はこれら建造物群との調和を図ります。

さらに、駅舎内を照らす蛍光灯を、丸い電球を吊り下げるタイプに変更するなど、建物にふさわしい昔の感じを演出します。

また、かつて多数の線路が敷かれていた駅構内から駅舎にかけて、枕木を組んだ通路を新たに建設するほか、ホームには(北海道出身の)彫刻家・五十嵐威暢(いがらしたけのぶ)さんが制作するモニュメントを設置します。


ハゲから増毛へ

縁起物「増毛」きっぷはどうなった?

――現在の駅は、どのように利用されているのでしょうか?

いまも多くの観光客が訪れます。駅舎には鉄道廃止前から水産加工品の販売店が入居しており、現在もそのまま営業されていますが、改修にあたり一時的に移転いただくことになると思います。

駅名が「ぞうもう」とも読めることから鉄道ファンに知られていた点については、「町民はそのようには読みませんが」としたうえで、「そのことを意識して観光に来られる方も多いでしょう。

実際に鉄道の廃止前には、四国の半家(はげ)駅(高知県四万十市)から増毛駅まで旅する方もいらっしゃったようです」と話します。

ただ、「硬券の駅入場券はJRが販売していたものなので、いまはない」といい、それに代わるグッズを新たに作るかも未定だそうです。

ちなみに、増毛駅前観光案内所によると、駅入場券と似たようなグッズとして、「道内の観光施設や道の駅などで販売している『北海道ラウンドきっぷ』があります」とのこと。

その地の名称などが書かれたきっぷ型のグッズで、増毛町では観光案内所を兼ねた駅前の「風町食堂」で売られているそうです。この券面には「旧増毛駅」と書かれています。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akihabara.areablog.jp/blog/1000007455/p11669536c.html
日記

■同じテーマの最新記事
物々交換アプリ
新型暖房器具
爆殺
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
ブログイメージ
akihabara
前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 10月 次の月へ
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
今日 合計
ビュー 87 987380
コメント 0 0
お気に入り 0 3

カテゴリー一覧

お気に入りリスト

おすすめリンク


外苑東クリニック
東京 人間ドック