スーパー秋葉原

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://akihabara.areablog.jp/himiko

寿命の限界


人間の寿命の上限を予測。
男性114.1歳、女性115.7歳
男女差ほとんどなし

およそ1年前、米アルベルト・アインシュタイン医学校の研究者がヒトの寿命の限界を特定したという研究を発表した。(人間は125歳以上生きる可能性が低いという研究結果)
それによれば人間の寿命の限界は115歳あたりであるという。この度オランダのティルブルフ大学とエラスムス・ロッテルダム大学の研究者もそれを確認したようだ。
最近発表された論文では、寿命の上限は男性114.1年、女性115.7年で、昨年の研究とほぼ同じ結論が得られている。
ジョン・アインマール(John Einmahl)氏とローレンス・デ・ハーン(Laurens de Haan)氏によると、人間の寿命は栄養状態・医療・生活環境が改善しているにも関わらず限界に達しているそうだ。
寿命を延ばす要因が改善したとしても、上限自体は変わらないだろうという。

人間の寿命の限界に達している
アインマール氏らは、極値理論という統計手法を用いてオランダの75,000人の故人のデータを解析した。その結果、1986年から2015年まででヒトの最長年齢は上昇していないことが判明した。
この結果は、昨年の研究結果と一致しているが、2016年のものはいくつもの統計上の欠点があるとみなされていた。今回の結果によって、より一貫した寿命の限界が明らかにされた形だ。

科学の力で寿命をのばせるか?
しかし、これらはアンチエイジングに関するいくつもの最新の研究を考慮していない。ヒトの寿命を伸ばす科学は大きな注目を集めており、加齢は治療可能な病気であると考える専門家が増えている。この分野ではバイオテクノロジーや遺伝子工学を用いて加齢に取り組もうとする。
また新薬の開発も加齢に対抗する手段だ。アルツハイマー病の特効薬など、いくつかの治療薬が治験を行なっている最中である。

関連記事
世界初のアンチエイジング薬「メトホルミン」の人体治験が開始される
またマウスなどで加齢を抑制するらしい薬も見つかっている。そうした新薬開発にはAIが利用され、開発の効率化が図られている。
こうした研究者の努力が、”若さの泉”を見つけ出す日もそう遠くないかもしれない。だが1つだけ覚えておこう。いかなる薬であっても永遠の命を手にすることまではできない。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akihabara.areablog.jp/blog/1000007455/p11658402c.html
日記

■同じテーマの最新記事
サラコナー再来
口臭対策
結弦くん大好き
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
ブログイメージ
akihabara
前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 9月 次の月へ
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
今日 合計
ビュー 105 984178
コメント 0 0
お気に入り 0 3

カテゴリー一覧

お気に入りリスト

おすすめリンク


外苑東クリニック
東京 人間ドック