スーパー秋葉原

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://akihabara.areablog.jp/himiko

世界首位



日産・ルノーが初の世界首位 三菱自買収で


2017年上期(1〜6月期)の世界新車販売台数で、日産自動車と仏ルノー連合が初めて首位を獲得した。


日産、三菱自動車の会長とルノーの最高経営責任者(CEO)として経営を主導するカルロス・ゴーン氏が、燃費不正問題で窮地に追い込まれた三菱自を日産傘下に収める決断をしたのが勝因だ。大胆な買収戦略で、トヨタ自動車と独フォルクスワーゲン(VW)を一気に抜き去り、世界の頂点まで上り詰めた。(今井裕治)


トヨタが28日発表した上期のグループ世界販売台数は512万9千台。過去最高を更新したが、世界3位にとどまり、日産・ルノー連合の首位が確定した。同連合の世界販売台数は526万8千台、2位はVWで515万6千台だった。


日産・ルノー連合が初の首位となったのは、日産が昨年10月に三菱自へ34%を出資し、グループに加えたためだ。加わる前の15年の日産・ルノー連合の世界販売は852万台で、トヨタと163万台、VWと141万台もの差があった。しかし、三菱自が加わった16年は996万台で、トヨタと21万台、VWと35万台差まで縮めていた。


日産が、三菱自への出資を発表したのは、三菱自が燃費不正問題で経営の危機にあった昨年5月。提携を主導したゴーン氏は「不幸な(燃費不正)問題をきっかけにチャンスが来た」と述べ、不祥事を繰り返した三菱自を傘下に加える不安より、むしろ事業拡大の絶好の機会だと言い切った。その言葉通りに三菱自の17年上期の世界販売台数は2.4%増の49万台と伸びて、日産・ルノー連合の世界首位に大きく貢献した。


トップに立ったゴーン氏が目指すのは「持続成長」だ。その基点は台数で、数量が増えるほど部品の共同調達拡大などでコストを削れ、利益を伸ばせる。ただ、思惑通りに台数を伸ばせるかは予断を許さない。トヨタは最主力の北米のテコ入れを急ぎ、VWも電気自動車の強化を加速する。ライバルが反転攻勢体制を整える中、油断すれば、すぐに順位が変わる厳しい競争環境が続く。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akihabara.areablog.jp/blog/1000007455/p11640277c.html
日記

■同じテーマの最新記事
表情で政策予想
5年連続47位
低失業率でも賃金上がらず
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
ブログイメージ
akihabara
前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 10月 次の月へ
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
今日 合計
ビュー 41 987980
コメント 0 0
お気に入り 0 3

カテゴリー一覧

お気に入りリスト

おすすめリンク


外苑東クリニック
東京 人間ドック