スーパー秋葉原

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://akihabara.areablog.jp/himiko

シリア軍機を撃墜しました


米軍、シリア軍機撃墜

爆弾投下受け「自衛措置」

【カイロ時事】シリア北部ラッカの近郊で18日、米軍機がシリア政府軍の戦闘機を撃墜した。政府軍機が過激派組織「イスラム国」(IS)掃討作戦を担うクルド人主体の民兵組織「シリア民主軍(SDF)」戦闘員の近くを爆撃したためで、IS打倒を目指す米軍主導の有志連合として協力部隊を守る「自衛措置だった」と強調した。

米中央軍によると、アサド政権派の部隊の攻撃でSDF戦闘員数人が負傷。有志連合は、アサド政権の後ろ盾であるロシアに連絡し、攻撃停止を求めた。その約2時間後、シリア政府軍機が複数の爆弾を投下したことから撃墜。有志連合側は「シリア政府やロシア、同政府を支援する部隊と戦うつもりはないが、有志連合とそのパートナーを脅威から守るのはためらわない」と警告した。



米軍主導の有志連合 シリア軍機を撃墜 対IS作戦に影響も

シリア北部で過激派組織IS=イスラミックステートと戦う、アメリカが主導する有志連合は、友軍の部隊がシリア軍の戦闘機から攻撃を受けたとして、この戦闘機を撃墜しました。これに対し、シリア側はアメリカを強く非難しており、ISに対する作戦に影響が出ることも懸念されます。

アメリカが主導する有志連合は18日、シリア北部のラッカ近郊で、シリア軍の戦闘機1機を撃墜したと発表しました。

その理由として、ISが首都と位置づけるラッカの制圧作戦で、有志連合が支援するクルド人勢力主体の部隊の近くを戦闘機が空爆したため、集団的自衛権を行使したとしています。

その一方で、目的はISの壊滅であり、アサド政権と戦う意図はないとして、事態をこれ以上悪化させたくないという思惑もにじませました。

これに対し、シリア軍は18日、国営メディアを通じて声明を出し、戦闘機が撃墜されパイロットが行方不明になっていることを明らかにしました。そのうえで、この攻撃がテロリズムを支援するアメリカの真の姿を示すものだと強く非難しています。

アメリカ軍とシリア軍の双方にとってISは共通の敵ですが、今回の撃墜はISに対する軍事作戦で調整がなされていないことを改めて示した形で、ISへの作戦に影響が出ることも懸念されます。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akihabara.areablog.jp/blog/1000007455/p11621682c.html
日記

■同じテーマの最新記事
後退の兆し
偽装表示
系外ミラー惑星
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
ブログイメージ
akihabara
前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 6月 次の月へ
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
今日 合計
ビュー 109 977098
コメント 0 0
お気に入り 0 3

カテゴリー一覧

お気に入りリスト

おすすめリンク


外苑東クリニック
東京 人間ドック