スーパー秋葉原

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://akihabara.areablog.jp/himiko

乳幼児死亡率


<乳幼児死亡率>都道府県の格差拡大 

戦前に近いレベルに

5歳未満の乳幼児の死亡率の都道府県格差が2000年前後から広がり、戦前に近いレベルになっていることが、国立成育医療研究センターのグループの解析で分かった。専門家は社会的背景も含めた要因分析の必要性を指摘している。

日本の乳幼児死亡率は戦後大きく下がり、14年は出生1000人当たり3人と世界的にも極めて低い。

研究グループは人口動態統計の1899〜2014年のデータを使い、死亡率を都道府県ごとに算出。その上で地域格差を指数化し、年次推移を調べた。

その結果、国民皆保険制度が整った翌年の1962年をピークに90年代まで格差は縮小を続けていたが、00年ごろから拡大傾向に転じた。東日本大震災で多くの乳幼児が犠牲になった11年を除いても、1900〜30年代とほぼ同じ水準になっている。14年の乳幼児死亡率は、栃木県が最も高く、佐賀県が最も低かった。

ただ、都道府県別の順位は毎年変動が激しく、地理的な傾向や、人口当たりの医師数、県民所得などとのはっきりした関連性は見当たらない。

同センターの森臨太郎・政策科学研究部長は「乳幼児期に亡くなる子どもは、障害や慢性の病気を抱えている場合が多い。国内で医療自体の格差は小さくなっていると考えられ、死亡率の差は貧困など社会経済的な問題と、それに対する自治体の取り組みの濃淡が影響している可能性もある。多角的な分析が必要だ」と話す。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akihabara.areablog.jp/blog/1000007455/p11612582c.html
日記

■同じテーマの最新記事
後退の兆し
偽装表示
系外ミラー惑星
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
ブログイメージ
akihabara
前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 6月 次の月へ
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
今日 合計
ビュー 102 977091
コメント 0 0
お気に入り 0 3

カテゴリー一覧

お気に入りリスト

おすすめリンク


外苑東クリニック
東京 人間ドック