スーパー秋葉原

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://akihabara.areablog.jp/himiko

子犬を大型犬のエサに!


隣家のシーズー犬を誘拐 

獰猛なピットブル2頭にエサとして放った男を逮捕

獰猛な大型犬2頭がいる檻に非力な小型犬1匹放つ。これがどれほどむごい状況に陥るかは誰にでも想像がつく。その男は目の前の惨状を笑みすら浮かべながら見入っていた。このほど米ニューメキシコ州で…。

その残虐な動物虐待致死事件は、アルバカーキの南に位置するニューメキシコ州ベルナリオ郡のサウス・バレーで起きた。マーヴィン・ライリーという30歳の男が隣家に押し入り、家人のベルナデット・サラザーさんが6か月前から飼っていた“チャーリー・ブラウン”という名のシーズー犬を誘拐。犬はその後、別の近隣住民が庭の檻で飼育していたピットブル2頭に生きたままエサとして与えられた。

ピットブルの飼い主であるエスター・マクマンさんは全てを見ていたものの、あっという間の出来事で何もすることができなかったという。ライリーはその一部始終をニヤニヤしながら眺めており、「こういったことをするのは楽しい」と語ったとのこと。郡保安官事務所の発表では動物住居侵入、暴行、動物誘拐および虐待などライリーに対する罪状は複数におよぶもようだ。

ライリーは今月7日に近隣住民と口論していたこともわかっており、事件との関連性も疑われる。サラザーさんとマクマンさんの仲は悪くなく、地元メディア『KOB4』の取材には異口同音に「ライリーのような人間はずっと刑務所にいるべき。早期に出所するようでは怖い」と話している。

動物虐待事件が頻繁に起きている米国。サウスカロライナ州では50代と30代の親子が飼い犬のピットブルの耳をハサミで切り落として逮捕されたが、血まみれとなった犬の様子をFacebookに投稿する異常さであった。

獣医にかかる費用がもったいないとして残虐なやり方で死なせたのはネバダ州の30代の女。治る見込みがないとしてボクサー犬が安楽死を勧められたところ、「それなら自らの手でも可能」と考えたという。またフロリダ州の女は吠え癖が治らない飼い犬の口をダクトテープでぐるぐる巻きにし、呼吸や食事もままならなくさせた。しかもFacebookに写真をアップしており、「静かにしないとこうなるのよ。わかった?」とのキャプションが添えられていた。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akihabara.areablog.jp/blog/1000007455/p11555820c.html
日記

■同じテーマの最新記事
フェイスブック離れ
子供の貧困
7つの地球型惑星発見
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
ブログイメージ
akihabara
前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 2月 次の月へ
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
今日 合計
ビュー 62 957275
コメント 0 0
お気に入り 0 3

カテゴリー一覧

お気に入りリスト

おすすめリンク


外苑東クリニック
東京 人間ドック