スーパー秋葉原

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://akihabara.areablog.jp/himiko

月面探査レース


月面探査レース、最終フェーズに進む5チームを決定 - 日本のHAKUTOも選出

米XPRIZE財団とGoogleは、2017年1月24日(現地時間)に、ロボット月面探査レース「Google Lunar XPRIZE」に参加する16チームにダイバーシティ賞100万ドルを分配すること、および打ち上げ契約が承認され同レースの最終フェーズに進む5チームを発表した。

最終フェーズに進む5チームの中に日本から参加している民間月面探査チーム「HAKUTO」が選出された。

Google Lunar XPRIZEはGoogleがスポンサーとなり、XPRIZE財団によって運営される、民間組織による月面無人探査を競う総額3000万ドルの国際賞金レース。

ミッションは、月面に純民間開発の無人探査機を着陸させ、着陸地点から500m以上走行し、指定された高解像度の動画や静止画データを地球に送信すること。

1位のチームには賞金2000万ドル、2位のチームには賞金500万ドルが与えられる。なお、XPRIZE財団は、レースの最終フェーズに進む5チームの多様なミッション計画を考慮し、当初ミッション完了期限としていた2017年12月31日を、打ち上げ期限に変更した。

最終フェーズに進む5チームは以下の通り。(打ち上げ契約承認の発表順)

SpaceIL/スペースアイエル(イスラエル)

イスラエル初の月面着陸に取り組んでいる非営利団体のチームです。月まで航行し、月面をホッピングして移動する月着陸船(ランダー)を開発し、スペースXのファルコン9ロケットで打ち上げ予定。

Moon Express/ムーンエクスプレス(アメリカ)

ランダーを開発し、米Rocket Lab社と2020年までに3つの打ち上げ契約を締結しているチーム。

Synergy Moon/シナジームーン(インターナショナル)

チームメンバーであるInterorbital Systems社が提供するNEPTUNE8ロケットを利用して、2017年後半にランダーとローバーを月に送り込む計画を発表。

TeamIndus/チームインダス(インド)

インドを拠点にするチームで、民間資本でランダーとローバーの開発を進める。2017年12月末にインド宇宙研究機関(ISRO)のPSLVロケットでインド・シュリーハリコータのサティシュ・ダワン宇宙センターから打ち上げ予定。

HAKUTO(日本)

ispaceが運営する日本のチーム。月面探査ロボット(ローバー)を開発し、Google Lunar XPRIZEに挑戦するプロジェクト「au×HAKUTO MOON CHALLENGE」で世界初の民間月面探査を目指す。

2016年12月にチームインダスとの相乗り契約を締結。






民間月面探査レース、日本のHAKUTO含む5チームに

Google Lunar XPRIZEのファイナリストが決定、2017年中に月へ

月をめざす5つのチームは、2017年中に打ち上げを成功させなければ敗退だ。

2017年1月24日、XPRIZE財団とスポンサーのGoogle社は、「Google Lunar XPRIZE(グーグル・ルナ・エックスプライズ)」にエントリーした33チームのうち、5チームのみが月面探査レースへの挑戦に必須の打ち上げ契約を締結できたことを発表した。

目下のところ、「Moon Express」「SpaceIL」「Team Indus」「Synergy Moon」「Hakuto」の5チームが接戦を繰り広げている。

どのチームが最初に月に着陸すると思いますか? 


米国のカジノ王から資金提供を受けているSpaceILは、5チームの中で最も早い2015年10月に宇宙へのチケットを確保した。

打ち上げにはスペースX社のファルコン9ロケットを使用する(ファルコン9は2016年9月に爆発事故を起こして打ち上げを中断していたが、2017年1月14日に打ち上げを再開した)。

SpaceILの「小さくてスマート」なロボット探査機は月面の最初の着地点から跳ね上がり、500m離れた場所に着地することで条件をクリアする予定だ。

イスラエルのSpaceILの月面探査機は跳躍型だ。


Moon Express(米国)

フロリダを本拠地とするMoon Expressは、2番目に打ち上げ契約を結んだ。順調に行けば今年後半に、Rocket Labという新興の航空宇宙企業のロケットで打ち上げを行う予定である。

チームはXPRIZEでの勝敗にかかわらず、月面でレアメタルなどの資源を採掘する技術の開発を続ける予定である。


Team Indus(インド)

Team Indusの月面探査車は、2014年に火星周回軌道に探査車を投入することに成功したインド宇宙研究機関のロケットを使って月に行く。

この探査車が月で何をするのかは、まだ完全には分からない。噂によると、さまざまなチームがロボットに搭載する機械の開発を競っており、月面でビールを作るなどの意表をつく仕事をする可能性がある。

インドのバンガロールを拠点とするTeam Indusは、インド宇宙研究機関のロケットを使って「ECA」という名のローバーを打ち上げる。


HAKUTO(日本)

HAKUTOの月面探査車は、四輪ローバー「ムーンレイカー」が二輪ローバー「テトリス」を引っ張る形になっていて、月の表面を覆う砂の下にある溶岩トンネルの中を探索する。

Team Indusの探査車と相乗りして月をめざす。


Synergy Moon(国際チーム)

Synergy Moonは、今回のレースに最初にエントリーした33チームのメンバーの一部からなる合同チームだ。打ち上げには、チームのメンバーであるInterorbital Systems社のネプチューン8ロケットを使用する。

ランダーで月面に着陸し、ローバーが月面を走り回って探査を行う。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akihabara.areablog.jp/blog/1000007455/p11542026c.html
日記

■同じテーマの最新記事
フェイスブック離れ
子供の貧困
7つの地球型惑星発見
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
ブログイメージ
akihabara
前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 2月 次の月へ
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
今日 合計
ビュー 43 957256
コメント 0 0
お気に入り 0 3

カテゴリー一覧

お気に入りリスト

おすすめリンク


外苑東クリニック
東京 人間ドック